私が東南アジアが大好きな理由

皆さん、お久しぶりです! Kodaiです! 前回までの4記事で、行った国の紹介を終えたので、今回は、なぜ自分が東南アジアが大好きなのかを語ろうかと思います。

IMG_8337(少しヒゲが育ちました)

自分が東南アジアと関わり始めたキッカケ

大学の先生に紹介してもらって、PCY2016 (Peace Conference of Youth) というプログラムに参加しました。これは、国内学生メンバー24人と世界5大陸からの学生が15人程が集まって一緒に寝泊まりし、英語で水不足についてディスカッションして、アクションプランを作るというプログラムでした。

タイ、カンボジア、インドネシア、ベトナムからも学生が来ていて、初めて密接に東南アジアの方々と交流したのがこの時でした。彼らと一緒に活動しているうちに、東南アジアの人々の生活や、文化の虜になり、一度行ってみたいと強く思うようになりました。

img_3358(PCY 2016全日程終了後の集合写真)

IMG_3346.JPG(PCY2016で1000人の前で自分達のアクションプランをプレゼンテーションしました)

東南アジアへの思いを語ります

では、まず皆さんは、東南アジアにどのようなイメージがありますか? なかなか良いイメージは少ないと思います。よく聞くのは、「東南アジアって汚い」、「治安は悪いんじゃないの?」という返事をよく聞きます。

その為、友達と旅行する時は、「アメリカ行こうよ!」や「フランスのパリとか行ってみたいよねー」という話になるパターンが多いような気がします。しかし、現在はヨーロッパ行っても、アメリカ行っても、ブラジル行ったとしても沢山の危険が含まれていると思います。

そして、「東南アジアの何が好きなの?」とよく聞かれたりします。自分は、観光地が好きというよりは、あの雑踏とした雰囲気がとても好きで、仕事終わった瞬間、道に机と椅子を出して、お酒を飲みだしたり、あまりおしゃれに気を使うこともなく、すごくラフに出かけたりできる感じも好きです。

IMG_8075.JPG(インドネシア・バリ島)

さらに、近年東南アジアへのパック旅行の数も、企画する旅行会社も増えてきています。これは、東南アジアに治安が良いという証拠ではないだろうか。もし治安が悪かったり、何か問題があれば、旅行数は増えていないと思います。

結論からいうと、近くて安く、簡単に海外を感じる事ができる東南アジアに行かない理由はないと思います。

実際僕は、航空券、宿泊費、食費、生活費全て含め、15日間で11万円に抑えることが出来ました。アメリカへ往復チケットだけで10万円くらいはいるんじゃないでしょうか。

アメリカに行くなということではないが、1度東南アジアの雰囲気を知らない人に、見てほしいというだけです。そして東南アジアの魅力に気づき、好きになってくれると、とてもうれしいです。

最後に、「東南アジアの何が好きなの?」とよく聞かれたりしますが、自分は、観光地が好きというよりは、人だったり、あの雑踏とした雰囲気がとても好きで、仕事終わった瞬間、道に机と椅子を出して、お酒を飲みだしたり、あまりおしゃれに気を使うこともなく、すごくラフに出かけたりできる感じも好きです。

今度も、東南アジアに旅立ちたいと思っています!

IMG_7331.JPG(ベトナム・ハノイ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中